ニート脱出!?今年最後に就職してみませんか?一歩踏み出すあなたを応援します。

これまでやってきた仕事いえば…
なんて方に朗報!
一度風俗店で働いてみませんか?
いきなり厳しい会社や肉体労働は大変です。

まずは働いてみるところからスタート

まだ一度も働いたことが無い、最後の仕事を辞めてからもう何年経っている人が大勢いると思います。
でもその中でまだ仕事をしなくてはいけない、仕事をしてみたいと考える人もいるはずです。
日々求人サイトを眺めているなんて人もいませんか?
そんな方々に、一つ是非聞いて頂きたいお話があります。
「風俗店」で働いてみませんか?

「まず働いてみる」というスタートを切ってみて、そこから得たもので今後の事を考える参考にしてみてください。
働いてみて、「では自分はこうしていこう」「自分は今後これをしてみたい」なんて思いつくかも知れません。
まだ働いていないのに何も考えつく事はありません。
これはハッキリ言えます。
なぜなら私も元々ニートでした。
5年間のニート生活を経て、3年前になんとなくでしたが「風俗店」で働いてみました。
そして今はまだ同じお店で働いています。
その経験を踏まえて、少々お話をさせて下さい。

風俗店ってどんな人が働いているの?

風俗のイメージと言ったら…
『風俗行ったら人生変わったwww』
なんて方もいるのではないでしょうか?
映画にもなった話のようですが、実は私は見ていません。
話も知りません。
実は風俗店で働いている人たちは、この話をほとんど知りません。
ちょっと現実は離れている話のようです。
では
『都立水商!』
それもちょっと違いますね。
これも読んだことは無いですし、やはり風俗店のスタッフは読みません。
何でもそうですが、映画や漫画と現実は離れています。

そしてやはりイメージとしては「ヤ〇ザ」ような人がいるんじゃないかってイメージがありますよね?
「ヤ〇キー」や「暴〇族」の経験者なんかがいると思っていませんか?

実はそんな人たちは全くいません。
特に反社会的組織の人とは関りがありません。
今や警察の指導により、反社会的組織とのつながりが絶たれています。

でもでも…
それでも風俗店って怖い人がいるんじゃないか?
そんな事はありません。
20年前位はイケイケのヤ〇キー風の人ばかりだったのも事実ですが、今はそんなスタッフいません。
どちらかと言うと、元々は普通の仕事をしていた人が多いです。
カーディーラー、飲食店、公務員、自衛隊、社会人野球の選手、不動産、銀行員、デザイナー、プログラマー、大工等々
これまで私の所属する会社には色々な経験をした人がいます。
中には高校出てからずっと水商売って人もいます。
ですがそんな人の方が稀で、ほとんどが普通の人ばかりです。
そして私のような元ニートもいます。

決して怖い世界ではありません。
我々は「風俗」の仕事に真面目に取り組んでいます。
普通なんです。
まずは仕事を体験してみませんか?

「風俗店」の仕事ってどんな事をするの?

まずは掃除や雑用からとなります。
どんな職場でも変わりませんが、新人さんは雑務をしながら仕事を覚えていきます。
その後は電話対応や更新作業を覚えていきます。
現在風俗業界も販売促進はインターネットによります。
だからサイトの更新作業をします。
さらに接客業務もしていきます。
これが風俗店の花形業務です。
まさにお客様を接客し、お店の売り上げをあげていく事にこそ楽しみや喜びがあります。
その他送迎や女の子の清算等の細かい業務もありますが、一連の流れとして覚えていきます。

普通なんです。
実に普通の仕事をしてもらいます。
上司からは体育会系のようにゴリゴリしごかれる事はありません。
通常業務を普通にこなしていきます。
経験を積み、実績も残せるようになると「マネージャー」「店長」と昇進します。

お給料や勤務条件に関しては面接時にお伝えします。
まずは一度問い合わせをしてみてください。
面接・相談・見学のみでもかまいません。
一度「風俗」の世界で仕事をはじめてみませんか?